きっと誰かのためになるブログ

もしかしたらあなたのためになるかも。

*

ムカデの駆除方法!家で安全手軽にできるのはどれ!?

      2016/07/20

Pocket
LINEで送る

前回、前々回に引き続きまたまたムカデに関する記事を書こうと思います。(注)ムカデは嫌いです。

 

前回は嫌なムカデを室内に侵入させないための対策について書きましたが、それでも家の中でムカデに遭遇してしまった!というときにはもう勇気を出して戦いましょう!

ちょっと大袈裟ですね・・・。でも一度室内で見かけてから取り逃がしてしまった後の、いつ、どこから出てくるか分からない怖さときたら・・・もう・・・ね。 (((( ;゚Д゚)))ガクガク

 

ムカデは人が寝ているときに刺して(噛んで)毒を注入することもあれば、皮膚を傷つけながら這い回りそこに毒を塗りつけることもあるという何とも恐ろしい虫なのです。(管理人体験済み。詳しくは前回の記事をご覧ください)

今回は家の中でムカデにばったり遭遇してしまい、しばらくの睨み合いが続いた後、どのような攻撃を仕掛ければ良いのかに・・・ややこしいですね、えーと、なるべく安全で手軽にできるムカデの駆除方法について書いています。

それではいってみましょう!!!

ムカデ 駆除 方法,ムカデ駆除方法


      スポンサードリンク


ムカデの駆除方法は?

室内で急に暗いところや壁面にムカデが!というときに慌てず対処できるように、いくつかの駆除方法について見ておきましょう。

・殺虫剤を噴射
・凍殺ジェット(スプレー)噴射
・熱湯をかける
・焼く
・叩く

 

殺虫剤を噴射

一般的な方法です。ムカデ専用の殺虫剤スプレーが市販されているのでよく見かけるようでしたら1本常備しておくと良いでしょう。メリットはある程度の距離から噴射できるので、刺される可能性が低いこと。デメリットは薬剤が床や壁についてしまうことです。駆除後は軽く拭き掃除ですね。

また、大きいムカデだとなかなか死なずのた打ち回るのが非常に気持ち悪い・・・。

 

凍殺ジェットを噴射

最近はー85℃という低温で瞬時に凍死させるという優れもののスプレーが市販されていますね。これは殺虫剤が不使用で汚れや害の心配が無く良いようです。メリットは同じくある程度の距離から噴射できることです。

ムカデの逃げ込む隙間などのない場所でこれを使えると、比較的楽に駆除できますよ。

 

熱湯をかける

ムカデは非常に熱に弱いです。沸騰したお湯であれば少量ですぐに駆除ができます。メリットは経済的なところでしょうか。デメリットはそこら中に熱湯をぶちまけるわけにはいけないので、家族と連携して一人がトングや長い箸でつかむ、もう一人が熱湯をバケツなどに用意する、そこにつかんだムカデを投入するといった作業になりますか。

気をつけてほしいのは、ムカデはつかまれると大暴れします。箸などの挟み方が甘いとグニグニとすり抜けて箸を持つ手に向かってきます!( ;゚Д゚)ヒッ!ヒイー!!!

やけどにも注意ですね。

 

焼く

上記同様にトングや長い箸でつかんでからコンロに持って行き、ガスの火で焼くという昔ながらの方法です。メリットはまあ経済面ですね。熱に弱いので確実に駆除できます。デメリットはとにかく気持ち悪いことですね。

管理人は昔これをやるときに箸のつかみ方が甘く、ムカデがコノヤロー!!と箸を逆登ってきたことがあります。( ;゚Д゚)ビクッ!!!火はついたまま箸もムカデも落とすはで地獄絵図・・・。上手く処理できる方は良いですが、初心者にはあまりおすすめできません。

ムカデの暴れる力、凄い筋力ですよ・・・。

 

叩く

原始的な方法です。何か硬い棒状や平面状のもので力の限りぶったたきます。しかし接近戦となるため、下手をするとムカデの逆襲に合う可能性があります。狙うなら頭を。あとは事後処理もやや問題ですね。

 

その他

他にも洗剤をかけて窒息させる、ハードヘアースプレーで固めるなどの情報があるようですが実戦でどこまで使えるかが問題ですね。


          

スポンサードリンク


 

つまり結論はどれ?

ムカデ 駆除 方法,ムカデ駆除方法

あくまで管理人のおすすめのやり方になりますが、最終的に安全で手軽にムカデ駆除を行うならば、やはり殺虫剤スプレーまたは凍殺ジェットの使用ですね。一人でできますし。

まとめると、左手に長いトング又は火バサミを持ち、右手にはいずれかのスプレーを。そして暴れる前のムカデをトングでしっかり挟みつつ押さえ込み、動けない所を右手のスプレーで猛噴射!!これでどうでしょうか。

 

トングとスプレーをいざという時のために備えておけば、慌ててお湯を用意したり、他の家族を呼ぶ必要もありません。暴れながら這っていく事も無いので後処理も楽かなと思います。

箸でつかむのはおすすめできません。本当に凄い力で暴れてすり抜けて向かってきます。普通の割り箸など最悪です。手とムカデとの距離が数センチほどになりますからね。危険です。

 

おわりに

今回はムカデ対策をしても室内にムカデが出てしまった際の駆除方法について書いてきましたが、トイレなどに入ったときに大きなムカデが這っていていきなりこちらに猛突進してきたりすると、びっくりしてなかなか冷静に対処できないときがありますよね。

どうするどうする!?コマンド?コマンド!!?と考えているうちに取り逃がしてしまったり・・・。( ;゚Д゚)アワワ

そうならないように普段から駆除のための道具の準備をして、決まったところに保管しておくと良さそうですね。駆除の仕方は今回の記事を参考にしていただいて・・・。

しかしなるべくならムカデに遭遇することも殺生することもできれば避けたいもの。やっぱりあらかじめ室内への侵入対策をできる限りしておくことが得策ですね!

 

 

ムカデ対策についてはこちらの記事を参考にしてみてくださいね。

ムカデ刺されの症状!すぐにしたほうが良い応急処置とは!?

ムカデ対策!室内に侵入させないためにはどうすれば良い!?

ムカデ退治に失敗!室内で逃がした時はどうすればいいの!?

 

それでは今回はこの辺りで。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Pocket
LINEで送る


 

スポンサードリンク

 
 

おすすめ記事&スポンサードリンク

 
 

 - 日常生活

Comment

  1. 清水 より:

    温めるのが良いですよ。43 度のお湯で5分以上温めてステロイド剤の軟膏を塗布してください。塗布の範囲は少し広めがいいようです。ネットで調べた応急措置です。私はこの方法で腫れ、痛みはほぼ消失しました。

    • 管理人J より:

      清水さん
      貴重な体験談をありがとうございます。
      僕も以前ムカデに刺されたときに患部の手がパンパンに腫れてしまったので、今度刺された時には「温める」方法も試してみようと思います。(^^)
      もう刺されないことを願いますが・・・。
      お互いムカデには気をつけましょうね!
      コメントありがとうございます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 
 

スポンサードリンク

 
 

  関連記事

インフルエンザ 感染経路 予防 対策,インフルエンザ 感染経路,インフルエンザ 予防,インフルエンザ 対策,インフルエンザ
インフルエンザの主な3つの感染経路の予防と対策!マスクの効果は?

前回の記事では、インフルエンザと風邪の違いについて、また、インフルエンザの症状は …

ムカデ,つがい,本当
ムカデはつがいで行動しているというのは本当なの!?

「ムカデはつがいでいるって聞くけど本当なの?」 とお考えではありませんか? &n …

牡蠣 食あたり 対処法
牡蠣の食あたりの対処法を知って少しでも早く治しましょう!!

「牡蠣にあたってしまった・・・!?」   牡蠣にあたると、およそ12時 …

青ネギ 白ネギ 違い
青ネギと白ネギとワケギの違いは?ネギの種類を知って上手に活用!

「薬味にするネギってどれを使えばいいの!?」   ネギ好きなぼくは、ラ …

ブヨ,発生時期
ブヨの発生時期はいつごろ?時間帯にも注意が必要!?

「ブヨはいつごろ発生するの?」 とお考えではありませんか?   キャン …

ドライアイ,ドライアイ 原因,ドライアイ 原因 顔,ドライアイ 原因 老け顔,ドライアイ 原因 老け顔 夕方老眼
ドライアイが原因で老け顔になるって本当!?夕方老眼とは!?

日常的にパソコンを使うオフィスワーカーの3人に1人がドライアイに悩んでいるといい …

虫刺され ブヨ 症状 写真
虫刺され!ブヨの症状は痛い痒い腫れる!?写真も撮ってみた!!

春から夏にかけて気温が上がり、天気の良い日にはアウトドアを楽しみたい!キャンプに …

スイカ,下痢,原因
スイカが下痢を起こしやすい原因!一日の摂取目安量は!?

「スイカを食べ過ぎると下痢になりやすいって本当なの?」 とお考えではありませんか …

食物アレルギー 症状 時間,食物アレルギー 症状,食物アレルギー
食物アレルギーの症状が出る時間は食べてからどのくらい!?

花粉やハウスダスト、動物、金属などにアレルギーがあるという人は多いですが、時に深 …

食中毒 症状 期間,食中毒 症状 潜伏期間,食中毒 症状 時間
食中毒の症状と潜伏期間!危険なウイルスや細菌に要注意!

食品が腐りやすくなる暑い時季、注意したいのはやっぱり食中毒ですよね。 食中毒の患 …