きっと誰かのためになるブログ

もしかしたらあなたのためになるかも。

*

静電気除去グッズおすすめ3選!実際に使って検証してみた!

      2017/06/18

Pocket
LINEで送る

「バチバチくる静電気を何とかできないかなぁ・・・。」

とお考えではありませんか?

 

僕もどうにも昔から静電気体質でして、空気の乾燥する時期になってくると、いつも悩まされます。

車のドア、家のドアノブ、人との接触時など、パチッという音とともに何ともやるせない痛みがありますよね。

何度も繰り返していると、だんだんと物を触るのも怖くなってきます。

 

しかし最近では、この静電気をさっと除去することができる様々な便利グッズが市販されていますよね。

僕も新しい商品を見つけては色々試してきました。

その中でも、ぜひあなたにもおすすめしたい、実際に僕が使ってみてしっかり効果が実感できたものを3つ厳選してみました!

 

ということで今回は、静電気除去グッズの中でも効果の高かったおすすめアイテムをご紹介します。

それではいってみましょう!


      スポンサードリンク


静電気除去グッズはこれがおすすめ!

静電気,除去,グッズ,おすすめ

今回は値段や使いやすさ、手軽さなどを考慮した上で、比較的効果が高かったと感じた以下の3つのグッズをご紹介します。

どれも1000円前後ほどで手に入るアイテムですので、ぜひご参考に!^^

 

  • 静電気除去スプレー
  • 静電気除去シート
  • 静電気除去キーホルダー

 

それでは順番に見ていきましょう!

 

静電気除去スプレー

着ている衣服に直接、またはジャケットやコートを羽織る前にシュッとスプレーしておくことで、溜まっていた静電気を放出しつつ、新たに静電気を溜めないようにする効果が期待できます。

速乾性で服を着たままでもスプレーOK。

よく車に乗り降りする方は、シートにスプレーしておくことで乗降時に発生する静電気を抑える効果も期待できますよ。

有名どころですと以下のような商品がありますね。

 

 

 

香りは超微香性で僕はまったく気になりませんでしたが、香りが気になる方は他メーカーから無香料のタイプも複数販売されていますので、お好みに合わせて選択してください。

玄関の上や職場のロッカールームなど、外出前に手に取りやすい場所に置いておくといいですね。

また、小ぶりなミニタイプのスプレーも販売されていますので、持ち運びやすさも求めることもできますよ!^^

 

注意点としましては、火気、高温に注意することや、用途以外には使わないこと。他にも衣類の素材や、近くでスプレーしすぎることでシミになる可能性などありますので、使用前にはパッケージに書かれた注意事項をしっかりと読んで、適切に使用してくださいね。

 

静電気除去シート

こちらも定番商品ですが、セルフのガソリンスタンドで給油する前にタッチする感覚で使用する、シートタイプのアイテムですね。

いつも静電気が気になる場所があるならば、その周囲の壁面や金属面にあらかじめ張り付けておき、ペタッと手で触れて静電気を取り除いてからドアノブなどに触れるようにします。

シールタイプやマグネットタイプなどがあり、見た目にも分かりやすいデザインのものが多いので、特に静電気が気になる場所があればその近くに貼っておくと便利ですよ。

ちなみに僕はキッチンで使っています。

静電気,除去,グッズ,おすすめ

注意点としまして、こちらを使用した感想ですが、確かに静電気は軽減されていると感じてはいるのですが、静電気が全盛期のころになってくると、よほど頻繁に触っていないと効果が続かないように思いました。

というより放電しても放電しても、作業をしているとすぐにまた静電気を帯びてしまって、追いつかなかったというべきでしょうか。あくまでも僕の場合ですが。

その場合は作業場の湿度を上げたり、着衣の素材を見直すなど、根本から静電気対策を考える必要もありますね。

とはいえ、いつもセルフのガソリンスタンドを利用している僕としては、妙な安心感も抱いていたりして・・・。(笑)

 

商品価格は800円~1500円程度のものが多いですね。

また、しいて言うならば、見た目を気にせず、よりシートの面積が広いもののほうが効果が実感できると思います。次に僕が静電気除去シートを購入するならば、両手でべったりと触れるぐらいの大きさのものをと考えております。


          

スポンサードリンク


 

静電気除去キーホルダー

それでは最後の一品のご紹介です。

これももうド定番と言えますが、静電気を一発除去するという点においては、僕の中では最強アイテムとなっています。

ちなみに僕はこちらの商品を使っています。

 

 

 

 

僕の生活の中で、静電気に悩まされる一番のシチュエーションといえば、やはり車の乗り降りです。

乗るときにドアノブでパチッ、降りるときにドアを閉めたらパチッ。

もう嫌になって、足でドアを閉めたこともあります。(泣

しかしそのあと、自宅の玄関ドアで結局パチッ!!ぐぬぬ(怒

 

そんな僕でしたが、このキーホルダーを購入して車のキーに付け、乗り降りするたびに除電できるようになり、かなりのストレス削減になっています。

使い方も簡単。キーホルダーの端を握って先端を金属部にちょんと当てるだけです。除電した瞬間にマークが点いて除電したことをお知らせしてくれますので、静電気の痛みを回避できたことも目で見て分かりますよ。^^

 

車のキーのキーホルダーなどとして使いやすいですが、室内に置いておくのももちろん手です。

着ていた服を脱いだ時にもパチパチしているときがありますよね。そんな時でもこのキーホルダーを握りしめてどこかの金属部などへ放電してしまいましょう。(人に向けちゃだめですよ!)

 

というわけで、本当に静電気が酷いときなどは、家の中でも僕はこのキーホルダーをポケットに入れて持ち歩いたりもしてましたね。

そのくらい使えますので、これは本当におすすめですよ。

ユーザーの口コミも4.6(5.0中・2017年6月現在)と高評価となっているのもうなずけます。

 

おわりに

今回は僕の経験から、本当におすすめできる静電気除去グッズだけをご紹介させていただきましたが、他にもブレスレットやネックレス、靴や手袋などなど、たくさんの静電気対策(除去・防止)グッズがありますね。

それだけ皆さん静電気には悩まされているということですよね。^^;

 

とはいえ、静電気に悩まされる環境や場所、タイミングは人それぞれだと思いますので、今回の記事もぜひご参考に、あなたのライフスタイルに最適な静電気除去グッズを探してみてくださいね。

 

ちなみにビビりの僕は、上記の商品全部の合わせ技で昨今の冬場を乗り切っております・・・。

うーん、静電気はもういや・・・。(笑)

 

 

他にも静電気に関する記事があります。

静電気の原理を簡単に説明!なぜ冬に起こりやすくなるの!?

静電気対策に知っておきたいグッズと方法を併せてご紹介!!

車の静電気が毎回気になるあなたへ知ってほしい対策方法!!

 

ということで今回はこの辺りで。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Pocket
LINEで送る


 

スポンサードリンク

 
 

おすすめ記事&スポンサードリンク

 
 

 - 日常生活

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

花粉症原因対策
花粉症の原因と症状を知って効果的な対策をしましょう!

いまや国民の4人に1人が花粉症とも言われる現代。 今まで花粉症の症状が無かった人 …

1GB どのくらい 使える
1GBでどのくらい使える?データ量が足りなくなったら!?

「ご契約のデータ量が残り1GBとなりました。」 というメールが来たんだけど、これ …

代引き 着払い 違い
代引きと着払いの違いを超分かりやすく解説します!!

「代引きと着払いの違いってなに?」 とお考えではありませんか?   通 …

歯ぎしり 防止 方法
歯ぎしりを防止する方法は?放置すると体に様々な異変が!?

朝目覚めると歯や歯茎、アゴが痛む。 偏頭痛や肩こりが酷い。なんとなくだるい、ぼ~ …

頚椎症,改善,方法
頚椎症の改善方法は?効果のあった体験談を語ります!!

「頚椎症を改善させるにはどうしたらいいの?」 とお考えではありませんか? &nb …

キーボード,水,こぼした,デスクトップ
キーボードに水をこぼした!デスクトップの場合の対処法は!?

キーボードに水やコーヒーなどの飲み物をこぼしたときの「やっちまった感」といったら …

米 虫 食べれる,米 虫 食べれる 対処法
お米に虫がわいてしまった!これって食べれるの!?対処法は?

「さ、明日も子供達はお弁当もち。お米を研いでおかなきゃだわ♪」 と台所へ向かった …

プール熱 子供 症状,プール熱 子供 症状 咽頭結膜炎
これってプール熱!?子供にこんな症状が出たら要注意!!

夏真っ盛り。猛暑の中、子供達の楽しみの一つにプールがあります。 「子供はいいなぁ …

歯ぎしり 原因 大人
歯ぎしりの原因とは!?大人の場合は他の病気の可能性も!?

睡眠中の歯ぎしりにお悩みではありませんか? 管理人自身も大いに悩んでいます。 と …

マダニ 感染症 症状
マダニの怖い感染症とは!?一体どんな症状が出るの!?

ダニといえば家の中のふとんやベッドにいる、顕微鏡じゃないと見えないような小さな虫 …