きっと誰かのためになるブログ

もしかしたらあなたのためになるかも。

あせもを早く治療したい!大人に効果的な薬は!?

   

「あせもができてしまった・・・。」

とお悩みではありませんか?

 

夏の肌トラブルとして意外と大人にも多いあせもですが、一度できてしまうとなかなか治ってくれなくて困るんですよね。

ぼくもかなり汗っかきなうえ肌が弱く、さらに夏場でも火を使う仕事をしているため格好の餌食となっており、まめにあせも対策やスキンケアはしているんですが、それでも毎年どこかしらにあせもができてしまいます。

できてしまったあせもは、悪化させる前に早めに治したい!

 

ということで今回は、大人のあせも治療に効果的な薬について書いていますので、一緒に見ていきましょう!


      スポンサードリンク


大人のあせも治療に効果的な薬は?

あせも,治療,大人,薬

毎年あせもに悩まされているぼくの体験談からいって、あせもを早く治すには塗り薬が効果的です。

塗り薬といっても、病院で処方してもらうものもあれば、薬局などで買える市販薬もあります。若干成分に違いはありますが、大きく分けるとステロイド系と非ステロイド系に分類されます。

 

ステロイド系塗り薬

あせもの症状の特徴の多くは、とにかくかゆいことと、赤い発疹(炎症)を起こすことです。

この炎症を抑える効果の即効性が比較的高いものが、ステロイド系塗り薬です。

ただし、非ステロイド系塗り薬に比べて効果や即効性が高い分、皮膚への負担が大きくなるというデメリットがあります。

ステロイド系塗り薬の副作用と呼ばれるものですが、皮膚が薄くなる、毛細血管にダメージを与える、皮膚が黒ずんでしまう、肌にあわない場合さらに炎症や化膿するなどといったことが起こる可能性があります。

 

実際にぼくもステロイド系の塗り薬を多用したことから、腕の皮膚の一部が焼けて黒ずんでしまっているところがあります。といっても目立つほどでは無いですけどね。ぼくも皮膚がかなり弱いほうですが、同じく皮膚の弱い方ですとあまり強いステロイド系は避けたほうが良いかもしれません。

他にも小さなお子さんや妊婦の方は、特にこのステロイド系の薬に敏感に反応しやすいので、自己判断で使用するのはおすすめできません。また、顔の目の周りや口元などにも塗らないように注意が必要です。

いずれにしても、その薬の決められた用量用法をしっかり守りましょう。

 

ぼくが病院で処方してもらっているのは、テクスメテン軟膏0.1%、リンデロンVG、ロコイド軟膏などです。テクスメテン軟膏やリンデロンVGは強めのステロイド系ですので、使用は症状が酷いときの数日間、一日一回だけ塗る、顔には付けないなど、注意してしっかり用法を守っています。

今まさに症状が酷いので塗っていますが、やはり効き目は良いですね。ロコイド軟膏は体の広い部分に使うのに有効です。(症状や病院によって処方される薬は違いますので、あくまでご参考に。)

 

市販薬では、オイラックスPZ軟膏、テレスHi軟膏、メディクイック軟膏などたくさんのステロイド系塗り薬の種類がありますが、あくまでその時の症状や人によってもどれが最適ということは言えませんので、薬局の薬剤師さんに相談してくださいね。


          

スポンサードリンク


 

非ステロイド系塗り薬

あせも,治療,大人,薬

ステロイドが配合されていないタイプで、長期間安心して使えます。

ぼくが病院で処方してもらったのは、レスタミンコーワという塗り薬です。(あくまで病院によって違いますので参考までに。)

非ステロイド系はステロイド系に比べて、効果はゆっくりですが、あせもの範囲が広い場合や、まだそれほど悪化していないときに使いやすいですね。

 

非ステロイド系で市販されているのは、レスタミンコーワパウダークリーム、ユースキン・リカAソフトあせもクリーム、他にも非ステロイド系はジェルやスプレータイプなど、使い勝手の良いものも多く販売されていますので、症状や使うシーンに応じて選びましょう。

 

おわりに

あせも治療のコツは、悪化させる前に早めに塗り薬で対処することと、しっかり普段のスキンケアに努めることです。

ぼくも症状が酷いときは短期間ステロイド系の塗り薬で対応し、少し症状が治まってきたらステロイドの弱いもの、あるいは非ステロイド系に切り替えるなどで対処しています。

 

病院に行くと、あせもの症状や状況に応じて、塗り薬を処方してくれます。とくに、あせもが悪化して化膿している場合などは、早めに病院へ行くことをおすすめします。暑い時期は細菌も繁殖しやすく、とびひなどの症状に繋がってしまうこともありますからね。

 

薬を病院で処方してもらうにしても、薬局で市販薬を購入するにしても、決められた容量用法をきちんと守って使用し、あせもを早めに治してしまいましょう!^^

 

他にもあせもに関する記事があります。

大人もあせも対策を!やってしまいがちな間違い行動とは!?

あせもの原因と症状!腕にできたので写真も撮ってみました!

 

それでは今回はこの辺りで。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket


 

スポンサードリンク

 
 

おすすめ記事&スポンサードリンク

 
 

 - 健康・医学

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

水虫,原因,菌
水虫の原因は白癬菌!どんなところから感染するの!?

「水虫の原因ってなに?」 とお考えではありませんか?   「足の指と指 …

水虫,治療,市販薬
水虫の治療!市販薬で完治させたぼくの体験談を語ります!!

「水虫になってしまった・・・?」 とお悩みではありませんか?   ただ …

ペットボトル症候群,ペットボトル症候群 糖尿病 違い,ペットボトル症候群 糖尿病
ペットボトル症候群と糖尿病の違いは?暑い夏には要注意!?

暑い日には汗をたくさんかきますが、その分の水分補給は欠かせません。 特に外での仕 …

花粉症マスク
花粉症対策には花粉症マスクが効果的!でもどんなマスクを選べばいいの?

花粉症対策として効果があるといわれる花粉症マスクですが、素材や形状には様々な種類 …

あせも 原因 症状 写真
あせもの原因と症状!腕にできたので写真も撮ってみました!

暑い日が続くと汗かきの管理人にはつらい事があります。 そう、あせも(汗疹)です! …

首 付け根 痛み 原因
首の付け根の激しい痛みの原因は?病院で診てもらった結果!!

ある日突然首の後ろ側の付け根から肩にかけて激痛が・・・!!   ぼくは …

足,臭い,原因,洗っても
足の臭いの原因は?洗っても取れないのは何かの病気なの!?

酷い足のにおいにお悩みではありませんか?   暖かくなってくるとどうに …

O157 症状 潜伏期間,O157 症状 潜伏期間 感染 予防
O157の症状と潜伏期間!感染を予防するためには!?

ジメジメムシムシと・・・。梅雨時は気分が滅入りますよね。梅雨が明けてからはうだる …

プール熱 子供 症状,プール熱 子供 症状 咽頭結膜炎
これってプール熱!?子供にこんな症状が出たら要注意!!

夏真っ盛り。猛暑の中、子供達の楽しみの一つにプールがあります。 「子供はいいなぁ …

水虫,早く治す,方法
水虫を早く治す方法は?ぼくが完治させるまでにやった事!!

「水虫を早く治したい!」 とお考えではありませんか?   一般的にかか …