きっと誰かのためになるブログ

もしかしたらあなたのためになるかも。

*

あせもを早く治療したい!大人に効果的な薬は!?

   

「あせもができてしまった・・・。」

とお悩みではありませんか?

 

夏の肌トラブルとして意外と大人にも多いあせもですが、一度できてしまうとなかなか治ってくれなくて困るんですよね。

ぼくもかなり汗っかきなうえ肌が弱く、さらに夏場でも火を使う仕事をしているため格好の餌食となっており、まめにあせも対策やスキンケアはしているんですが、それでも毎年どこかしらにあせもができてしまいます。

できてしまったあせもは、悪化させる前に早めに治したい!

 

ということで今回は、大人のあせも治療に効果的な薬について書いていますので、一緒に見ていきましょう!


      スポンサードリンク


大人のあせも治療に効果的な薬は?

あせも,治療,大人,薬

毎年あせもに悩まされているぼくの体験談からいって、あせもを早く治すには塗り薬が効果的です。

塗り薬といっても、病院で処方してもらうものもあれば、薬局などで買える市販薬もあります。若干成分に違いはありますが、大きく分けるとステロイド系と非ステロイド系に分類されます。

 

ステロイド系塗り薬

あせもの症状の特徴の多くは、とにかくかゆいことと、赤い発疹(炎症)を起こすことです。

この炎症を抑える効果の即効性が比較的高いものが、ステロイド系塗り薬です。

ただし、非ステロイド系塗り薬に比べて効果や即効性が高い分、皮膚への負担が大きくなるというデメリットがあります。

ステロイド系塗り薬の副作用と呼ばれるものですが、皮膚が薄くなる、毛細血管にダメージを与える、皮膚が黒ずんでしまう、肌にあわない場合さらに炎症や化膿するなどといったことが起こる可能性があります。

 

実際にぼくもステロイド系の塗り薬を多用したことから、腕の皮膚の一部が焼けて黒ずんでしまっているところがあります。といっても目立つほどでは無いですけどね。ぼくも皮膚がかなり弱いほうですが、同じく皮膚の弱い方ですとあまり強いステロイド系は避けたほうが良いかもしれません。

他にも小さなお子さんや妊婦の方は、特にこのステロイド系の薬に敏感に反応しやすいので、自己判断で使用するのはおすすめできません。また、顔の目の周りや口元などにも塗らないように注意が必要です。

いずれにしても、その薬の決められた用量用法をしっかり守りましょう。

 

ぼくが病院で処方してもらっているのは、テクスメテン軟膏0.1%、リンデロンVG、ロコイド軟膏などです。テクスメテン軟膏やリンデロンVGは強めのステロイド系ですので、使用は症状が酷いときの数日間、一日一回だけ塗る、顔には付けないなど、注意してしっかり用法を守っています。

今まさに症状が酷いので塗っていますが、やはり効き目は良いですね。ロコイド軟膏は体の広い部分に使うのに有効です。(症状や病院によって処方される薬は違いますので、あくまでご参考に。)

 

市販薬では、オイラックスPZ軟膏、テレスHi軟膏、メディクイック軟膏などたくさんのステロイド系塗り薬の種類がありますが、あくまでその時の症状や人によってもどれが最適ということは言えませんので、薬局の薬剤師さんに相談してくださいね。


          

スポンサードリンク


 

非ステロイド系塗り薬

あせも,治療,大人,薬

ステロイドが配合されていないタイプで、長期間安心して使えます。

ぼくが病院で処方してもらったのは、レスタミンコーワという塗り薬です。(あくまで病院によって違いますので参考までに。)

非ステロイド系はステロイド系に比べて、効果はゆっくりですが、あせもの範囲が広い場合や、まだそれほど悪化していないときに使いやすいですね。

 

非ステロイド系で市販されているのは、レスタミンコーワパウダークリーム、ユースキン・リカAソフトあせもクリーム、他にも非ステロイド系はジェルやスプレータイプなど、使い勝手の良いものも多く販売されていますので、症状や使うシーンに応じて選びましょう。

 

おわりに

あせも治療のコツは、悪化させる前に早めに塗り薬で対処することと、しっかり普段のスキンケアに努めることです。

ぼくも症状が酷いときは短期間ステロイド系の塗り薬で対応し、少し症状が治まってきたらステロイドの弱いもの、あるいは非ステロイド系に切り替えるなどで対処しています。

 

病院に行くと、あせもの症状や状況に応じて、塗り薬を処方してくれます。とくに、あせもが悪化して化膿している場合などは、早めに病院へ行くことをおすすめします。暑い時期は細菌も繁殖しやすく、とびひなどの症状に繋がってしまうこともありますからね。

 

薬を病院で処方してもらうにしても、薬局で市販薬を購入するにしても、決められた容量用法をきちんと守って使用し、あせもを早めに治してしまいましょう!^^

 

他にもあせもに関する記事があります。

大人もあせも対策を!やってしまいがちな間違い行動とは!?

あせもの原因と症状!腕にできたので写真も撮ってみました!

 

それでは今回はこの辺りで。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Facebook にシェア
LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket


 

スポンサードリンク

 
 

おすすめ記事&スポンサードリンク

 
 

 - 健康・医学

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

花粉症 舌下免疫療法
スギ花粉症を治療する!?舌下免疫療法とは?

花粉症の中でも一番患者数の多いスギ花粉ですが、そのスギ花粉による花粉症に効果があ …

頚椎症,改善,方法
頚椎症の改善方法は?効果のあった体験談を語ります!!

「頚椎症を改善させるにはどうしたらいいの?」 とお考えではありませんか? &nb …

ひび割れ,あかぎれ,違い
ひび割れとあかぎれの違いってなに?それぞれ症状を解説!

「ひび割れとあかぎれってどう違うの?」 とお考えではありませんか?   …

O157 症状 潜伏期間,O157 症状 潜伏期間 感染 予防
O157の症状と潜伏期間!感染を予防するためには!?

ジメジメムシムシと・・・。梅雨時は気分が滅入りますよね。梅雨が明けてからはうだる …

蓄膿症 副鼻腔炎 違い,蓄膿症 副鼻腔炎,蓄膿症,副鼻腔炎
蓄膿症と副鼻腔炎の違いとは!?管理人本人も体験しました!

鼻が詰まるし鼻水も多い、何か調子悪いな~鼻炎かな?と思っていたら数日後顔に鈍痛が …

寝違え 治らない 病気
寝違えがなかなか治らないのは違う病気のサインかも!?

「寝違えがなかなか治らないなぁ」 と不安に感じていませんか?   ぼく …

夏バテ 症状 チェック,夏バテ 症状,夏バテ,夏バテ原因,夏バテ 症状 生活習慣
夏バテの症状をチェック!生活習慣で注意するポイントはここ!!

最近疲れていませんか? 夏が近づき気温が高くなってくると、だるい、疲れやすいなど …

インフルエンザ 感染経路 予防 対策,インフルエンザ 感染経路,インフルエンザ 予防,インフルエンザ 対策,インフルエンザ
インフルエンザの主な3つの感染経路の予防と対策!マスクの効果は?

前回の記事では、インフルエンザと風邪の違いについて、また、インフルエンザの症状は …

お餅,カビ,食べても,大丈夫
お餅のカビは食べても大丈夫とは言えない3つの理由とは!?

「お餅にカビが生えてるけど、少々なら食べても大丈夫だよね?」 とお考えではありま …

花粉症原因対策
花粉症の原因と症状を知って効果的な対策をしましょう!

いまや国民の4人に1人が花粉症とも言われる現代。 今まで花粉症の症状が無かった人 …