きっと誰かのためになるブログ

もしかしたらあなたのためになるかも。

ベビーシート/チャイルドシート/ジュニアシートの違いは!?

   

「チャイルドシートの違いがいまいち分からない・・・。」

とお悩みではありませんか?

 

ベビーシート、チャイルドシート、ジュニアシート、これらは称してチャイルドシート(幼児用補助装置)と呼ばれるものですが、子供の年齢や体格によって使い分けがされます。

 

種類が多いので、初めての子育てでは、これらの違いは何?どのタイミングでどのチャイルドシートを選べば良いの?と気になりますよね。

 

チャイルドシートの種類を知って、子供の成長に合わせて上手に使い分けましょう。

ということで今回は、チャイルドシートの種類や違いについて詳しくお伝えしていきたいと思います。

それでは行ってみましょう!


      スポンサードリンク


チャイルドシートの種類・違いは?

ベビーシート チャイルドシート ジュニアシート 違い

車に付ける幼児用補助装置全般を指して、『チャイルドシート』とも言いますが、細かくは新生児から乳児期に使う新生児(乳児)用ベビーシート、幼児期に使う幼児用チャイルドシート学童用ジュニアシートというように、子供の成長段階によって様々な規格のチャイルドシートが作られています。

つまり、ベビーシート、チャイルドシート、ジュニアシートは対象となる子供の規格(体格)が違うということですね。

 

また、メーカーのモデルによっては、乳幼児兼用のもの(新生児~4歳ごろ)や、幼児~学童兼用のもの(3歳~12歳ごろ)など、広い成長幅(年齢)もカバーできるものもあります。

家族構成や子供の成長度合い、金銭状況などを考慮して、選択するようにしましょう。

 

以下の表は主なチャイルドシートの分類です。

 

対象 目安の体重 対象年齢 取り付ける向き
新生児・乳児用(ベビーシート) 約10kgまで 新生児~9ヶ月頃 後ろ向き
新生児・乳児用(ベビーシート) 約13kgまで 新生児~1歳半頃 後ろ向き
幼児用(チャイルドシート) 約9~18kgまで 9ヶ月頃~4歳頃 前向き
学童用(ジュニアシート) 約15kg~約25kgまで 3歳~7歳頃 前向き
学童用(ジュニアシート) 約22kg~36kgまで 5歳~12歳頃 前向き

 

これらを子供の成長に応じて、上手に繋げるように買い換えていくことになります。

 

次はそれぞれのシートの特長について見ていきましょう。


          

スポンサードリンク


 

新生児・乳児用ベビーシート

生まれてすぐの新生児から1歳頃までの乳児を対象にしたシートです。

ベビーベッドのようにしっかりと赤ちゃんを包み込むような作りになっています。車の進行方向に対して後ろ向きに装着するものが多く、その場合、45度に背もたれを保ちます。

後ろ向き、かつ45度に固定するのは、まだ首の据わっていない赤ちゃんが車の衝突の際に、後頭部、肩、背中の広い範囲で衝撃を受けられるようにするためです。

 

メーカーのモデルによっては、取り外し可能でそのままキャリーやラックとして使用することや、ベビーカーにドッキングさせることができるものなど様々なタイプのものが販売されています。

 

 

幼児用チャイルドシート

1歳前後まで使用したベビーシートを卒業すると、次に使用するのが幼児用チャイルドシートです。

9ヶ月~4歳頃の幼児を対象にしたものが多く、チャイルドシートをシートベルトによって装着し、子供の身体はチャイルドシートに付属されている5点式ハーネス(お腹の所でカチャッとベルトするタイプ)で固定するものが一般的です。

また、車の進行方向に対しては前向きに取り付けます。

 

うちの場合、シートベルトと専用の金具を使ってチャイルドシートを固定するタイプのものでしたが、「シートベルトを金具に通して、折り返して、引っ張りつつ締めて・・・」という行程がなかなか難しくて、よく手こずっていた記憶があります。

取り付け説明書をよく見ながら、しっかり固定してくださいね。

 

 

学童用ジュニアシート

3歳~4歳くらいになると学童用ジュニアシートが使えるようになってきます。

ジュニアシートは、幼児用チャイルドシートとは違い、子供は車に装備されているシートベルトをそのまま使用することになります。

ただ、まだ身体が小さいうちは大人のようにシートベルトがきちんと肩や胸の位置にかからないので、座高を高めたり、シートベルトの位置を調整する目的で使われます。

 

ジュニアシートのタイプは、座面だけの簡易的なものと、背もたれが付いて上半身もサポートするタイプのものがあります。

 

これに関してはぼくの経験上、使い始めの3歳~5歳くらいまでの間は、背もたれ付きのものを使用することをおすすめします。

理由は子供が乗車中に眠ってしまったときなど、背もたれの無いジュニアシートでは非常に安定性に欠けます。というより、身体が小さいためシートベルトからすり抜けてしまってベルトの意味が無くなることがあります。

 

また、法律では6歳になればチャイルドシートやジュニアシートの使用義務はなくなるわけですが、よほど身体の大きい子でなければ大人と同じようにシートベルトを使うのはまだ難しいという場合がほとんどです。

子供の安全のために、きちんとシートベルトが使える体格になるまではジュニアシートを使用するのが望ましいです。

ジュニアシートは小学校高学年くらいまで使えるタイプのものもありますので、お子さんの成長とジュニアシートの規格(モデル)を照らし合わせて選ぶようにしましょう。

 

おわりに

うちの場合では、上の子が3歳のときに下の子が生まれたので、上手く乳児用→幼児用→学童用→学童用(座面)を一つずつ、下の子がお下がりとなる形で使用できました。

それでも4台ですね・・・。

子供同士の歳が近ければ、もう少し購入台数が増えたりすることも考えられますが、その場合は成長時期を兼用できるものを購入することや、レンタルで一時期を乗り切るなどの工夫も考えてみることをおすすめします。

 

チャイルドシートは子供の安全のためにとても大事なものですので、成長に合わせて最適なものを選んであげてくださいね。

その際には今回の記事もぜひご参考に!^^

 

 

他にもチャイルドシートに関する記事があります。

チャイルドシートは何歳から何歳まで使用の義務があるの!?

チャイルドシートの法律!抱っこや助手席は?免除される時も!?

 

 

それでは今回はこの辺りで。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket


 

スポンサードリンク

 
 

おすすめ記事&スポンサードリンク

 
 

 - 車の悩み

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

車 フロントガラス 凍結 防止
車のフロントガラスの凍結を防止する3つの効果的な方法!!

「毎朝車のフロントガラスが凍結してなかなか発進できない!」 とお悩みではありませ …

ジュニアシート 何歳から 法律
ジュニアシートは何歳から使うもの?法律で決まっているの!?

「うちの子、そろそろジュニアシートに変えても大丈夫かな?」 とお考えではありませ …

車,キュルキュル,音がする,原因
車からキュルキュルとすごい音がするのは何が原因!?

「車からキュルキュルとすごい音がするけど大丈夫なの!?」 とお悩みではありません …

タイヤを処分する方法や料金は?元販売員が解説します!!

「古タイヤって、どこで引き取ってくれるの?」 とお悩みのあなた!   …

車 エンジン かからない 原因 バッテリー以外
車のエンジンがかからない原因は!?バッテリー以外も要チェック!

「突然、車のエンジンがかからない!」 これ、けっこう焦りますよね。   …

フロントガラス 凍結 お湯
フロントガラスの凍結にお湯は危険?いち早く溶かす方法は!?

「凍結したフロントガラスを早く溶かす方法は無いの!?」 とお悩みのあなた! &n …

チャイルドシート 違反 ゴールド免許
チャイルドシートの違反は何点?ゴールド免許はどうなるの!?

「チャイルドシートを使用していなくて、警察にキップを切られてしまった・・・。」 …

車 霜 原因
車に霜が降りる原因は?なぜ天気の良い日には要注意!?

「最近、朝になると車のガラスが凍ってるんだけど、原因はなんなの?」 とお考えのあ …

チャイルドシート 使用義務 免除
チャイルドシートの使用義務が免除になるケースを解説!!

「子供をチャイルドシートに乗せなくても良い場合があるって聞いたけど、どんな時?」 …

ジュニアシート 何歳まで 必要
ジュニアシートは何歳まで必要?外すタイミングに要注意!!

「うちの子も小学生になったことだし、ジュニアシートはもう必要ないよね?」 とお考 …